食事 歯医者に行くというのは、多くの人にとってハードルの高いことかもしれません。
痛い治療や嫌な音のイメージが強く、口の中にトラブルがあっても歯医者への足が遠のいてしまっている人も多いのではないでしょうか。
しかし、たかが虫歯と放置していると取り返しのつかない大変なことになってしまうかもしれません。
毎日の食事によって、歯には食べかすが溜まっていきます。
この食べかすに細菌が増殖したものをプラークと呼び、虫歯や歯周病・口臭など様々な口腔内トラブルを引き起こす原因になります。
更にこのプラークが石灰化し、歯に張り付いたものを歯石と呼び、これは自分で綺麗に除去するのは難しいといわれています。

プラークや歯石で口の中が汚れてくると、虫歯の原因となる細菌が口の中に増えていってしまいます。
歯の虫歯のイラストを持つ女の子 表面にいる細菌は酸を排出し、歯の表面のエナメル質を溶かすことで虫歯が始まります。
この段階で自分で虫歯に気づき歯医者を受診することができれば、簡単な治療で完治させることができます。
しかし多くの人は次の段階に至るまで虫歯に気づくことができません。

次の段階では、歯の中心の構造である象牙質にまで虫歯菌が穴をあけてしまいます。
象牙質にまで至ると、見た目が黒くなることに加え、冷たいものや甘いものがしみるようになり虫歯に気づく人が増えていきます。
ここまで来でもまだ歯医者に行かずに放っていくとどうなってしまうのでしょうか。
象牙質に達した虫歯菌は、更に数を増やして歯の神経である歯髄を侵していきます。
歯髄にダメージが加わると、何も食べられなかったり夜に寝られなくなってしまうくらいの強い痛みを感じるようになります。
どんなに歯医者の嫌いな人でも、この段階で放っておくのは難しいでしょう。
しかし、歯髄に虫歯菌が入ってしばらくすると急に痛みを感じなくなることがあります。
これは、歯の神経が完全に死んでしまう事が原因です。
歯の神経が死んでしまったとしても、虫歯の進行は止まりません。
歯の根っこのまで感染を広げ、最終的に歯根に膿のたまり場を作り始めます。

歯根で生じた炎症が、あごの骨の方にまで広がってしまう状態を骨髄炎と言います。
骨にまで炎症が起きてしまうと、歯医者で治すことができず、外科的手術を行わなければいけなくなってしまいます。
単なる虫歯だと、歯医者を敬遠しているうちに外科手術が必要になる程の悲惨な結果になってしまう可能性があることがお分かりいただけたでしょうか。

このような歯の惨状となってしまわないよう、歯科を探す際、近畿圏の例になりますが、大阪府の吹田市では、無料の歯科健康診査を行っています。もし歯医者は吹田市で探すということでしたら、「実施歯科医療機関」に指定されている歯科ですと、吹田市が依頼している信頼できる歯科と判断できると思います。

口腔がんは歯医者でも発見できる!?

虫歯から少し話が変わって、口腔がんについてお話します。
口腔がん、ご存知でしょうか。
胃がんや肺がんなどメジャーながんと違い、あまり耳にしたことが無いという人も多いかもしれません。
胃がん、大腸がん、食道がんなどは定期的な健康診断などで検診が行われることも多いですが、口腔がんではそのようなものがありません。
口腔がんで恐ろしいのは、目に見えるがんにもかかわらず発見がなかなかされないうえ、致死率が大変高い、また比較的若年でも発症する可能性があるということです。
発見できたころにはすでにかなり悪化してしまっているかもしれません。
特に若年性では、進行が早いのも怖いところです。
しかし、早期発見ができれば治療の予後のよい、治るがんということが知られています。

口腔がんは自覚症状が少ない

口腔がんは、舌癌や歯肉がん、口底がんなど複数のがんを含む名称です。
何故口腔がんの発見が遅れてしまうのかというと、身体のほかの部位での異変に比べ、口の中での異変は見過ごされがちであるという点があります。
また、自覚症状が無いまま悪化してしまうことも致死率上昇の原因です。
口腔がんは、見た目ですぐに発見できるため、歯医者での早期発見が可能です。
口腔内に対する関心を高め、定期的な歯科検診を受けることでがんの重症化は十分に防ぐことができます。

また、日ごろから自分で口の中のチェックを行うことも大切です。
がんについてもちろんですが、虫歯や歯周病も早く治療することが重要です。
歯茎が炎症を起こす歯肉炎を放置していると、歯周病へとつながってしまいます。

歯周病と糖尿病の関係

歯周病との併発に注意が必要なのが、糖尿病です。
歯肉炎や歯周病に寄って作りだされる炎症物質は、身体の中のホルモンの働きを妨げることがあります。
この影響を大きく受けるのが、血糖値の調節に関与しているインスリンと呼ばれるホルモンです。
インスリンが十分に働かない病気である糖尿病は、歯周病によって重症化する可能性があります。

さらに、糖尿病自体が歯周病を悪化させてしまうこともあるのをご存知でしょうか。
糖尿病を併発している場合、感染症にかかりやすくなっているということが研究から分かっています。
歯周病も細菌感染症の一つであるため、糖尿病によって発症や悪化のリスクが高まるとされています。
更に血管が弱くなっている糖尿病患者さんでは、歯周病の進行が早いということも知られており、歯周病の早期発見や治療がとても大切です。
口腔内への関心を高め、口腔内トラブルを早期に治療することをおすすめします。

新着記事一覧