インプラント治療の長所と短所を解説

入れ歯

歯が抜けてしまう場合は歯医者に行って治療をおこないますが。
治療方法も入れ歯や差し歯、インプラントなどいろんな治療方法があります。
それぞれに特徴があるのでしっかり特徴を知っておくといいでしょう。
使用する歯の材質も違うので医師とじっくりと話あい自分にあった治療方法を選ぶことが大事です。

最近はインプラントの治療をおこなう人も増えて来ましたが、長所と短所をしっかり知っておくことが大事です。
医師に説明をしてもらいわからないことがあれば、何でも質問するといいでしょう。
インプラントの長所は、残っている健康な歯を削らずにすむことです。
入れ歯も残っている歯を削らずに済みますが、入れ歯の場合は、健康な歯にバネをかけるので、どうしても健康な歯に負担がかかってしまいます。
インプラントは周りの歯に負担をかけることはないので、残っている歯の寿命を伸ばすことが可能です。

入れ歯だと歯根がないので噛む力も自然の歯と比べるとかなり弱くなってしまいますが、インプラントなら自然の力と同じ力で噛めるので、噛み心地も良く快適に食事を楽しめます。
入れ歯のように食事をしている途中で外れたり痛みを感じることがないのも長所の一つでしょう。
差し歯にすると、自然の歯と色や形が違うので見た目が悪いと感じることもありますが、インプラントなら自然の歯と同じ色や形にすることができるので見た目もとてもいいのが長所と言えるでしょう。

仕事が忙しい人などはどんな手術をするのか治療期間はどのくらいか気になる人もいますが、インプラントの治療は外科手術を伴う治療なので長い期間かかるケースもあります。
患者さんの状態によっても手術方法や治療期間が大きく変わるのでカウンセリングでよく確認するといいでしょう。

抜歯後にインプラントを入れる場合は、抜歯即時埋入の方法なら抜歯後すぐにインプラントを埋めることができます。
抜歯待時埋入の方法の場合は、抜歯後に傷口が治り骨が安定するまで待って手術をおこないますが、だいたい4~16週間くらい待つことになるので気をつけてください。

インプラントの短所は骨の無い所にはインプラントにできないことです。
患者さんのアゴの状態を確認して治療ができないこともあるので気をつけてください。
アゴの状態によっては手術が必要になるので余計な時間と費用がかかることもあります。
値段も1本10万円~50万円することもあるので、高額な費用を用意できない人はインプラント治療を受けることが難しいことも短所と言えるでしょう。

あなたにおすすめの記事です